タイ3日目

昨日のダブルスのことを更新してなかったのでまずはダブルスの結果から。
パートナーは近藤選手。
VS Wu&Zhneg (CHN) 3-6,2-6
スコアから分かるように完敗でした、、、
とにかく相手のペア出来が良かった。やること全てが上手く行っている感じでした。
ただこちらとしても相手が良い時に何か解決法があれば良かったんですが、なかなか上手く行かず、そのまま負けてしまいました。
また次の機会に繋げて行きたいと思います。
そして今日のシングルスの結果です。
VS KURYAVTSEV (RUS) 3-1 Ret.
相手選手の腰痛により棄権勝ちでした。
バンコクは暑いので体力を温存して勝てたのは良かったし、この運を活かして明日の試合に繋げて行きたいと思います。
最近夜中に毎日のように起きてしまいます。
何か快眠出来る方法はありますか?
分かる方はコメント下さ?い!

8 Comments

  1. タスク

    暗くして寝る!!!!

  2. あもく

    ダブルス、残念でした。でもシングルスは好調のようで何よりです。このまま行っちゃって下さい(笑)。
    睡眠の話、メラトニン(Melatonin)って試したことあります?睡眠導入剤(いわゆる睡眠剤ではありません)。アメリカだとどこでも売ってます。まだだったらお試しあれ。

  3. ブログ先生

    ダブルス残念でしたね…
    明日からも頑張ってください♪
    応援しています!

  4. 子育て中41歳

    快眠方法は、寝る前にココナッツオイルか、なければオリーブオイルを頭や額・耳に塗ります。スプーン大さじ1-2杯でよいです。
    睡眠の途中で起きてしまう原因を東洋医学では、火の質が強まっているからだと説明します。テニス選手の場合は、炎天下で勝負事をしてますので否応なしに火の質(メンタル的にはイライラしたり怒ってしまう・体的には目が疲れ易くなったり、体が火照る・過食気味になる)が増してしまいます。それを冷やすのが、ココナッツオイル・オリーブオイルです。冷やす強さはココナッツオイル>オリーブオイルです。蛇足ですが、私は、朝オリーブオイル(ダビデコーチはマイオリーブオイルを持っているか以前から気になっていました。)で頭から首・足の裏・耳(頭・耳・足裏が3大ポイントといわれています)にかけて大さじ2杯ほど塗って10分ぐらいしてからシャワーをあびて(石鹸で流します)出かけます。
    一般的に、食事は、辛すぎるもの・塩っぱ過ぎるもの・アルコールは控るように指導しますが、トーナメント中のなのであまり窮屈になりすぎても火の質は増してしまうのである程度自由にしてよいと思います。
    火の質の話だけに熱が入りすぎてしまいました。上記のコメントは、さておき、是非ともいいテニス期待してます。フレーフレー豪ちゃん

  5. sabumasa

    2回戦突破おめでとうございます!
    夜中に目が覚めてしまうということですが、
    つまり眠りが浅くなってるんでしょうか?
    私はものすごくよく眠れる人間なので、そういうことは余り
    ないんですが、テニスをガッツリやって疲れきった日は特に
    よく眠れます。
    ・・・とかスポーツ選手に失礼かも(笑)
    体がもうワンランク上の運動量を求めているのかもしれませんね。
    あとは部屋が明るいと必ず目が覚めてしまうので、
    例えばアイマスクをして真っ暗にしてみるとかどうでしょうか?
    全くお役に立ちそうにありませんが、プレイにも影響が
    出るだろうし、よく眠れるようになるといいですね!

  6. arto

    快眠に関して、思い当たることを2点紹介させて頂きます。
    1、祖母の快眠対策。以前は睡眠薬を飲むくらい眠れない事が多々あったのですが、このところ、(農業生産法人)株式会社 マイセンの「玄酥(げんそ)」という健康食品を飲むようになってから、よく眠れるようになっていると思います。無農薬で作られた玄米に酵母と乳酸菌を加えて発酵させ、現在名古屋大学等で研究対象になっているようです。商品を薦めているような書き方ですが、ここ数か月祖母の様子を観てますと、何かしら関係があると思い、また今日のブログの読ませて頂いた時にふとその事が思い浮かんだので紹介させて頂きました。安価ではありませんが、サンプルを試飲して数カ月継続してる現状です。(強力タイプの「スーパー玄酥」の方です。)
    2、私の快眠対策。
    よく眠れてるので、睡眠で困ってる人の参考になるか分かりませんが紹介させて頂きます。特別な事はありませんが、就寝までの動作がある程度固まってるように思います。いつもの本を読んで、その日一日の感謝をして、寝る。基本はそれだけですが、たまに今日は眠れそうにないな、落ち着かないなと思う日は夜でもコーヒーを飲んで落ち着いてから床に就いてます。また、『音読革命 右脳が開花する名文集 』七田 真 著を微音でリピートにし、タイマーで自動オフにして眠ると睡眠が短時間でも深いような気がします。
    書いた文章を読み返しても、これ参考になるのかなぁと思いますが、忌憚なく書かせて頂きました。参考にして頂ければ幸いです。 更なる御活躍を期待しております。

  7. いちご

    お疲れ様でした。
    ダブルスは残念でしたが、シングルスは良かった良かった(^^)
    次も、暑さ対策には注意しつつ、ファイトゥ!です。
    それから、夜中に起きてしまう…とのことですが、暑いからというわけではないのかな? それとも疲れすぎてるのか、メンタル的なものなのか……
    私も、昔から少し睡眠障害があるのですが、上手く眠れないって、ちょっとつらいですよね。大丈夫ですか?
    睡眠障害を克服していない私が言うのは、全く説得力に欠けるのですが…、時間的に余裕があるのなら、お風呂の際、ぬるめのお湯にゆっくりつかって(半身浴で少なくとも15分くらいは)、体の芯から汗をかくと良いそうです。
    と言っても、昼間、試合でさんざん汗をかいているだろうから、お風呂でも汗をかきすぎて、干からびちゃっても困りますが…(?!)
    それと、簡単にできるツボ押しというか、足裏リフレで、(1)足の親指の裏を、付け根から先端の方に向けてまんべんなく(第二指側の側面の方も)押してあげる、(2)足の中心ラインの土踏まずの上の方、ちょうど手の親指で足の第二指から下にたどっていくと、硬い部分が終わったあたりに、ずぼっと指が収まる場所がありますよね。そこを粋を吐きながらジワ~っと押してあげる、というのをやってみてください。(1)は頭部の刺激で、(2)は自律神経を整える刺激になります。
    入浴中とか、お風呂から出た後のストレッチ後などに、試してみてください!
    あとは寝る前にホットミルクを飲むと良いとも聞きます(暑くて、あったかい牛乳何か飲みたくないでしょうけど…)
    いずれにしても、途中で起きてしまって眠れなくても、心配しなくて大丈夫ですよ! 私も、昔一度、健康診断の際に先生にちょっと相談したのですが、「途中で起きたり眠れなくても、横になっていれば体は休まるから大丈夫。寝られないと不安になるかもしれないけど、逆に寝よう寝ようとか思ったりしない方がいいですよ」ってアドバイスされました(当時は、それだけかい!って思いましたけど…)
    豪さんも、暑くて眠れないなら話は違いますけど(暑すぎる場合は、やっぱり熱中症も心配なので、クーラーは26~28度で懸けておいた方が良いそうです)、そうでない場合は、途中で起きてしまっても気にせずに、ベッドの上で横になって、ゆっくり深呼吸しながら、自分のいいテニス、いいゲーム、いいガッツポーズ…等を思い浮かべていたら、きっとそのあとはいい夢が見られて、目覚めも気持ち良くなりますよ! 気にしなくても大丈夫です(^^)
    ということで、役立ちそうにもないのに、長くなってすみません…。
    でも、また応援してますから、試合がんばってくださいね!

  8. きょんた

    さきほど、3回戦勝利というニュースを見ました。もしかして、ついに100位
    突破ですか?

Leave a reply